トップへ



速報!建設業経理士1級合格!

建簿合格(最終).jpg

9/8(日)に行われた、建築業経理検定試験において那覇日経ビジネス、日経ビジネス合わせて3名の合格者がでました!

建築業経理検定1級は「財務諸表」「財務分析」「原価計算」の3科目すべて合格で1級合格者となる非常に難しい資格です。
この資格は公認会計士や税理士と同レベルで、建設業界においては非常に需要度の高い資格です。

合格された皆さんおめでとうございます!

専門学校 那覇日経ビジネス
宮城 世奈(首里高等学校)

専門学校 日経ビジネス
川上 妃華(具志川商業高校)
石川 大樹(北谷高等学校)

【速報】国家一般職 最終合格結果

20181113_civil_com_head.jpg

すでに公務員として内定を頂いた学生も出てきています。
今後も続々最終結果を公開していきますのでお楽しみに!
11月13日現在速報

国家一般職(高卒)沖縄 県内合格者 66名中 48名 占有率72.7%
国家一般職(高卒)関東 県内合格者 76名中 49名 占有率64.5%
国家一般職(高卒)近畿 県内合格者 1名中 1名 占有率100%
国家一般職(高卒)九州 県内合格者 2名中 2名 占有率100%
国家一般職(高卒)関東 技術 県内合格者 1名中 1名 占有率100%

【速報】税務職 最終合格結果

20181113_civil_tax_head.jpg

すでに公務員として内定を頂いた学生も出てきています。
今後も続々最終結果を公開していきますのでお楽しみに!
11月13日現在速報

税務職 沖縄 県内合格者 23名中 15名 占有率65.2%
税務職 関東 県内合格者 11名中 10名 占有率90.9%

2019年度 国内・海外視察研修

エアリゾ国内海外視察研修1.jpg

9/24(火) ~ 9/29(日)までの6日間、エアラインビジネス科と国際リゾート観光科の両校1年次が合同で国内・海外視察研修に行ってきました。

エアラインビジネス科は、JALの客室乗務員訓練所、羽田空港では国内・国際線のバックヤードなど普段見ることのできない裏側の仕事を見学しました。
国際リゾート観光科では、国内有数の五つ星ホテルを複数見学し、そこで働くスタッフに研修を受け一流のサービス・おもてなしを体験しました。

海外では、観光が盛んなシンガポールのチャンギ国際空港、マリーナベイ・サンズを見学、宿泊し視野を広げ感性を磨きました。

さらに、今回初めてシンガポール国立大学の学生と交流を持ち、文化交流を通してこれまで培ってきた語学力を発揮するチャンスもありました。

9/27(金)に新たな魅力発見プロジェクトが行われました!

aratanamiryoku4.jpg

9/27(金)那覇市のてんぶすホールにて、専門学校 那覇日経ビジネスのキャリアビジネス科2年次による「新たな魅力発見プロジェクト」が行われました。

「新たな魅力発見プロジェクト」とは、1年次で学んだ会計の知識だけでなく、販売実習と並行して行われるマーケティングや沖縄観光、販売戦略に関する授業で得た知識などを活かして、実習先企業経営者や関係者に対して企業がより輝く為の提案を直接プレゼン発表致します。

今年度は「海想」「御菓子御殿」「首里石鹸」の店舗へ計10日間を実習行い、その実習中に感じた課題を解決する提案を発表しました。

2020年4月から学費無償化

入学金・授業料の減免、給付型奨学金が大幅に拡充されます。

2020年4月よりスタートする「高等教育の修学支援新制度」について、
専門学校那覇日経ビジネス、専門学校日経ビジネスの2校が対象校となりました。

1.高等教育の就学新進制度とは
 ・授業料等の減免(授業料と入学金の免除または減額)
 ・給付型奨学金(返還不要な奨学金)

2.支援の対象者
 住民税非課税世帯及びそれに準ずる世帯の学生
(2020年度の在学生(既入学者も含む。)から対象)

3.支援を受けられる世帯年収の目安と支援額

支援対象者年収の目安
(両親・本人・中学生の
家族4人世帯の場合)
支援額
住民税非課税世帯の学生 ~約270万円 満額
住民税非課税世帯に準ずる世帯の学生 ~約300万円 満額の2/3
~約380万円 満額の1/3

※上記の年収は、両親・本人・中学生の家族4人世帯の場合の目安です。
 実際には多様な形態の家族がありますので、基準を満たす世帯年収は家族構成により異なります。

4.支援に関するシミュレーション
 支援の対象となるか、どれくらいの支援が受けられるか、日本学生支援機構のホームページでシミュレーションすることができます。
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

5.支援の金額

・授業料等減免の上限額(年額)

支援対象者年収の目安
(両親・本人・中学生の
家族4人世帯の場合)
入学金授業料
住民税非課税世帯の学生 ~約270万円 約16万円 約59万円
住民税非課税世帯に準ずる世帯の学生 ~約300万円 約10万円 約39万円
~約380万円 約 5万円 約19万円


・給付型奨学金の給付額

支援対象者年収の目安
(両親・本人・中学生の
家族4人世帯の場合)
自宅から通学自宅外
(一人暮らしなど)
住民税非課税世帯の学生 ~約270万円 約4万円 約8万円
住民税非課税世帯に準ずる世帯の学生 ~約300万円 約2.6万円 約5.3万円
~約380万円 約1.3万円 約2.6万円

6.もっと詳しく知りたい場合
・文部科学省の高等教育の修学支援新制度ホームページ
 http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/index.htm
・日本学生支援機構ホームページ
 https://www.jasso.go.jp/shogakukin/index.html

9/13(金)に海上保安学校(特別)内定者の出発式がありました!

海保出発式.jpg

9/13(金)に海上保安学校(特別)内定者の出発式がありました。

10/1から本校を離れ、新しい場所で夢・目標に向かって頑張っていく生徒たち!
NIKKEIでの学生生活で学んだことを活かし、今後の活躍を期待しています。

内定者の皆さん、本当におめでとうございます!

【速報!】2019年度 客室乗務員内定!

エアラインチラシ表.jpg

エアラインビジネス科より、就職内定のお知らせです。

令和元年9月現在、NIKKEIから客室乗務員3名の内定が出ました!

本当におめでとうございます。

これから、それぞれの職場となる空港や、航空会社で大活躍することを期待しています!

これからも内定情報を随時更新していきますので、お見逃しなく!

2019年度、税理士講座奨学生証書授与式が行われました

税理士講座奨学生証書授与式(小).jpg

9/9(月)に税理士講座奨学生証書授与式が行われました。

NIKKEIでは、税理士を目指す学生や、将来の目標をしっかりと持ち、
学習に意欲的な学生に対して、受講料を支援しており、
グループ校のTAC沖縄との連携で税理士講座受講に専念できる環境作りを整えています。

沖縄の経済界を牽引する職業会計人の育成・輩出を目的とした受講料支援制度です。

選ばれたのは、

日経ビジネス   川上 妃華さん(具志川商業高校卒)
那覇日経ビジネス 西向 花音さん(那覇西高等学校)
         花城 まどかさん(豊見城高等学校)

おめでとうございます!  

8/9(金)に公務員チャレンジ模試を開催致しました!

20190813_koumuin_challenge.jpg

日経教育グループ(専門学校那覇日経ビジネス・日経ビジネス)では8月9日(金)に琉球大学工学部棟を会場に、沖縄県官公庁就職ガイダンスおよび公務員試験チャレンジ模試を開催致しました。

参加者は高校生78名、専門学校生360名の計438名

公務員試験チャレンジ模試では公務員試験会場の一つである琉球大学内にて試験時間はもちろんのこと、本番さながらの雰囲気で試験を実施。

また、午後開催された沖縄県官公庁就職ガイダンスでは高校生へ夏休みを機会に将来の職業選択へ役立ててもらうことを目的に各官公庁人事担当者を招き業務内容、待遇、やりがい、採用動向、求める人物像など説明して頂きました

悪天候の中、受験者並びに官公庁の職員の皆様、ご参加ありがとうございました!

おしらせ

内定速報に掲載する内定者情報は過去2年分のみとします。 それ以前の情報が必要な方は直接学校までお問い合わせください。

各種お申込み

オープン
キャンパスの 
お申込み

資料請求 

平日・土曜
説明会の 
お申込み