トップへ



  • オープンキャンパス
  • 資料請求
  • メニュー

競争率の高い県費留学にNIKKEIから4名の合格者が出ました!

平成29年度沖縄県教育委員会「国際性に富む人材育成留学事業(通称:県費留学)」の合格発表があり、専門学校、短期大学、大学、大学院の枠で約17名しか合格できない 狭き門に、高い語学力や異文化への知識・理解力が評価され、見事那覇校2名、中部校2名の計4名が合格いたしました!

合格者4人に留学に向けてのコメントをいただきました!

呉屋 早来さん(浦添商業高校出身)
留学先:Kapiʻolani Community College(ハワイ)
県費留学を受験して、一番大変だったことは書類審査のための準備期間中でした。
 この期間中に、何度も途中で投げ出したいと思いましたが、家族や友達、先生方のサポートのおかげで諦めずにやり通すことができました。二次試験の面接では、自分が県費留学を通してどう沖縄に貢献できるのか、自分の意見や考えをしっかりと言うことができ、無事に県費留学に合格することができました。合格し、進路も決まり安心して嬉しい気持ちもありますが、今まで以上に英語の勉強をしないといけないと感じています。
 留学に行くまでの間、英語力向上に向けて英検やTOEICなどの検定にも挑戦していこうと思います。留学先でも、常に目標を持ち、努力を惜しまずに勉強に励みたいと思います。
 また、さまざまな国から来た人たちとの出会いや交流、海外での生活を経験することを通して自分の視野を広げ、人としても成長できるような留学生活にしたいと思います。

當山 大夢さん(読谷高校出身)
留学先:Kapiʻolani Community College(ハワイ)
私は県費留学という高い壁を乗り越え嬉しく思うと同時に、これからもっと努力が必要だと実感しました。県費留学に挑戦しようと思ったきっかけは、オーストラリアでの語学研修でした。オーストラリアでは様々な国籍の留学生が英語を流暢に話していて、私も英語を学んでいるのだから、彼らのように流暢に話したいと思いました。また世界では沖縄の認知度が低いと外国人との交流を通して実感し、海外の観光学を学び沖縄の観光業発展と共に認知度に貢献できないかと思いました。沖縄の観光に貢献でき留学できる、県費留学が自分のやりたいことだと思い、挑戦しようと思いました。しかし県費の資格を勝ち取るのは容易ではありませんでした。資料の作成や小論文、時事問題に関してのリサーチで今までになかった忙しさでした。けれど今努力したら絶対に将来に役立つと思い、最後まで続け、合格することができました。留学するにはそれなりの英語力が必要です。しかしハワイでは勉学だけに励むのではなく、世界的な視野が持てる人材になるべく、異文化交流を盛んに行いたいと思います。

下地 宏哉さん(宮古高校出身)
留学先:EL Camino College(カリフォルニア)
私は、以前から留学をしたいと強く思っていました。しかし、宮古出身の私はこれまで生活費や授業料などを親から支援してもらっていた為、県費が私の夢を叶える唯一の手段でした。県費対策では沢山の先生方にお世話になりました。特に私は面接を苦手としていたので、その対策で夜遅くまで先生と練習を繰り返し行いました。今回こうして合格を勝ち取れたのも先生方やいつでも私を応援してくれた両親と友達のおかげだと思っています。本当に感謝しています。
 私は、この県費を通してビジネスと経済学を学ぶ予定です。帰国後は、私の生まれ育った宮古島で学習塾を経営したいと考えています。オンライン学習が進むアメリカでインターネットを活用した学習方法を学び、将来は離島の子ども達に学べる場所を多く提供し、離島発展や沖縄に貢献できる人財を育成したいと考えています。
 これまで支えてくれた方々に感謝の気持ちを忘れず、これから今まで以上に頑張っていきたいと思います。

赤嶺 萌さん(那覇高校出身)
留学先:Bellevue College(ワシントン)
チャンスがあればどんな事にも挑戦してみる!これが私のモットーであります!今回の県費留学応募にあたっても、これは私にとって1つの大きな"チャレンジ"でした。結果、合格を頂くことができて、さらに今後の私の留学生活においての"自信"に繋がりました。
 現在はアメリカに留学中で、様々な国の人達と交流していく中で、日々新しいことに触れ、発見の毎日です。
 "Expand my world = 自分自身の世界を広げる" 事もすごく大切にしていて、とにかく色んな視点から物事を捉え、実際に経験し、それが私自身への成長に繋がる"キッカケ作り"を留学先でも心掛けています!今はEvent coordinator として(いわゆる生徒会みたいなもので、学校で行われるイベントの企画・運営を担当)様々な国の人達と一緒に仕事をすることがとても楽しいです♪
 これからも、日々 挑戦・成長し続けて、留学生活を有意義にさせて行きたいと考えています!

eibei-kenpi.jpg

【平成26年度最終実績】国際英米学科 就職&留学

国際英米学科【平成26年度最終実績】就職&留学

国際英米学科では、NIKKEIで学んで伸ばした英語力を活かした就職と
さらに異文化に触れ国際的な仕事をめざすために留学を選ぶことができます。
国際英米学科から就職内定者と留学へ進路を決めた皆さんをご紹介します。


2014eibei_shushoku.jpg

県費留学決定、国際英米学科から3名合格!

kenpi_header.jpg

授業料、往復渡航費、滞在費など沖縄県が助成する事業「国際性に富む人材育成留学事業(県費留学)」をご存じですか?

高校生や大学生、一般人が対象でしたが、この度専門学校生も対象となりました。この県費留学は人気が高く、競争率も高いことで有名。

そんな県費留学に、日経の国際英米学科から3名合格しました!

3人に留学のこと、日経のこと色々聞いてみましたよ!


miku.jpg諫山 未来(小禄高校出身) 留学先:Santa Monica college

Q:県費留学を受けた理由は?

A:高3の時に県費留学のことを知りましたが、時すでに遅し。高2までしか受けられないと知りショック。でも専門学校生も受けられるようになり、締切まで時間がなかったけど迷わず願書を送りました!

Q:国際英米学科の思い出は?

A:一言では言えないほど、楽しかったし、辛かった(笑)何回も「やめたい!」と叫んでいましたが、それもいい思い出。親身になってくれる先生と沢山の友達と泣いて笑って支え合って、本当にステキな2年間でした!!

Q:留学後の夢は?

A:バイヤーになる! そして沖縄にファッションビルを建てる!! 夢は大きいですが、沖縄の女の子たちのために仕事ができればいいなと思っています!

Q:これから留学を考えている人へ

A:「留学したい」と思っている反面、金銭面や治安など不安なことが多くて踏み出せないまま立ち止っている人も多いと思います。
そこで諦めるのではなく、果敢に挑戦し、行動することがpotentialに繋がっていくと思います。私もこれから多くの問題に直面すると思いますが、すべて自分のためになると信じています。留学での経験が私の人生やあなたの人生を素晴らしいものにすることを願っています。

kai.jpg金銅 快(普天間高校出身) 留学先:Ohlone College

Q:日経に入学してどの位、成長できましたか?

A:入学前はbe動詞もよく分からなかったけど(笑、今は海外に行っても不安にならないくらいの英語力がつきました!

Q:留学しようと思ったキッカケは?

A:国際英米学科のカリキュラムの一環である「オーストラリア語学研修」で、初めての海外生活に衝撃を受けました。言語が違う、文化も違う中での生活は厳しいものでしたが、それ以上に異文化に直接触れたり、海外の友達とのコミュニケーションを取ることは、とても楽しかったし、貴重な体験でした。そして、在学中に興味を抱いた貿易の仕事を海外で学びたいと思い、留学を決意しました。

Q:留学後の目標は?

A:沖縄で、自分の英語力と知識を活かして、沖縄のモノをアピールする貿易ブローカーになりたい。海外と日本従来の貿易のやり方を組み合わせて、新たな形の貿易を生み出したいと考えています!

yasuha.jpg宇良やすは(那覇高校出身) 留学先:Do Anza College

Q:県費留学を受けた理由は?

A:もともとは働きながらホームステイするプログラムに興味があったのですが、大学に通いしっかりと勉強する環境が作れる県費留学の話を聞き、色々な意味で自分が成長できるチャンスだと思いチャレンジしました。

Q:日経に決めた理由は?

A:大学生活に憧れはあったものの、人に流されやすく甘えてしまう自分の性格を考え、あえて厳しいと有名な日経に決めました。


Q:国際英米学科の思い出は?

A:毎日夜中まで課題や授業の準備で苦しかった!そんな大変な日々の中でも友達と夜中にドライブして楽しんでいました。でも教科書は手放せませんでしたけどね(笑

Q:これから留学を考えている人へ

A:留学を通して自分のために投資することは、人生の中でも大きな経験になると思います。
私も留学前、金銭面で悩んでいましたが、背中を押してくれた先生や友達にとても感謝しています。今しかできないことを考えてポジティブに考えることも大事なことですね!これから留学を考えている人も、ポジティブにいきましょう!

留学・語学に興味がある方。オープンキャンパス平日・土曜説明会で待ってます!

各種お申込み

オープン
キャンパスの 
お申込み

資料請求 

平日・土曜
説明会の 
お申込み